メンヘラ風俗嬢やAV女優も悩むパニック障害の発作や治療法!
紗倉まな初ぶっかけ解禁

こんばんは!

小学5年生あたりからストレスが原因で体調不良になりやすかった猫山プールです。もともと喘息を患っていたので、どちらかといえば虚弱体質だったワタシ。だけど肉体よりも精神的な疲労は、けっこう生活へのダメージに繋がりました。

そんなワタシが風俗店で興味を惹かれてしまうのは、どうしてもメンヘラっぽい女の子。セクシー女優さんの中にも精神的に病みやすい女の子は多いと聞いたことがあります。エロの世界に入ってくる女性は、そこに何を求めているのでしょうか?

今回の記事では精神疾患に関する不安症のひとつ、パニック障害の発作に悩む風俗嬢やAV女優さんについてご紹介していきたいと思います。

FANZAサンプル動画

 

メンヘラの風俗嬢やAV女優も発作に悩むパニック障害とは?

パニック障害という病気は、血液検査などでは特に異常が見られないのが特徴です。健康そうに見える人でも、いきなり発作が出てしまう怖い病気です。

パニック障害の主な症状

  • 動悸によって心臓がドキドキする。
  • 吐き気。
  • 窒息死しそうなほど苦しい呼吸困難。
  • めまい。
  • 手足のふるえ。

これらが該当します。実際にワタシも長年この病気を患ってきましたので、その辛さはよく理解しています。1度よくなった時期もあるのですが、過度なストレスが原因で再発しちゃいました。

もしかすると再びあの恐ろしい発作が出てしまうのでは?

そういった「予期不安」がつねに頭をよぎってしまうので、電車や新幹線に乗って遠くまで出かける機会は物凄く減ったワタシ。

ちなみに逃げたくてもスグに逃げられない場所を極端に怖がるのもパニック障害の大きな特徴です、それらの症状は「広場恐怖」と呼ばれています。エレベーター内やバスの中だけでなく、ひとりで家にいるときでも発作は急にやってきます。

2020年から世の中は新型コロナウイルスによって自粛ムードですが、ワタシのようにパニック障害を患う人間は365日ほぼ引きこもり状態なのが現状です。

風俗嬢やメンヘラAV女優を苦しめるパニック障害の患者数

だれでも突然パニック障害の発作に襲われる可能性はあります。とくにストレス社会を生きるワタシたち日本人は、精神疾患にかかりやすいといわれてきました。

パニック障害になる人の割合をリサーチしたところ、100人いたら2人は症状に悩まされているという調査結果が出ました。そのうち女性のほうが男性に比べて2.5倍ほど患者の数が多いといった情報もあります。

精神疾患で心療内科などの医療機関に通院している人の数は、平成29年度のデータでは400万人とのデータも発表されています。もはや国民病といっても過言ではない精神疾患・パニック障害。

メンヘラ風俗嬢やAV女優も悩むパニック障害の原因

①心理的な要因

パニック障害を発症してしまう原因は人によって様々です。どんなに気をつけていても、こればっかりは予防策は特にありません。どんなにメンタルが強くても、過労やストレスによって鬱病やパニック障害の発作が急に現れることは少なくありません。

過去にとても辛い心の傷を負った人はパニック障害の発作を起こしやすいと言われています。記憶から消してしまいたいけれど、消えることのない苦しみ。

それらがフラッバックした時などに、パニック障害の発作が出ることは珍しくありません。

②環境の問題

こだわりが強い性格の人や、繊細な性格の人はパニック障害に限らず精神疾患になりやすい傾向にあります。家庭環境や、社会の中で物凄く居心地の悪い生活を余儀なくされている人はストレスからパニック発作を発症するケースもあります。

親からの虐待、学校や会社でのイジメ。すぐには環境を変えられない人たちも、突然パニック障害になってしまう可能性があります。回避することは恥ずかしいことではありません。勇気をもって居心地の良い場所に避難をすることは、自分を守るためにはとても重要な行動といえるでしょう。

風俗嬢やメンヘラのAV女優が飲むパニック障害の治療薬

自分のチカラだけで症状を改善させることは難しいです。早く治そうと必死に頑張るよりも、まずは心療内科を受診してください。よく使われるパニック障害のお薬は大きくわけて2種類あります。

1つ目:SSRIと呼ばれる抗うつ薬

 

そのうちワタシが心療内科のドクターから処方されていたのは、フルボキサミンマレイン酸塩錠25mg「アメル」や、パキシル錠10mgです。両方を同時に服用した経験はありません。

アメルは強迫性障害や社会不安障害、うつ状態にも効果を発揮するお薬。パキシルは落ち込んだり悲観的になりがちな気持ちを改善させてくれるお薬で、眠れなかったり集中力がなくなった気持ちをポジティブにさせる効果が期待できます。

2つ目:一般的には精神安定剤と呼ばれる抗不安薬

ワタシにとって抗不安薬は御守りみたいな存在で、これを持っているだけで症状は軽くなりました。うつ病のお薬は効果が現れるまでに少し時間が必要で、即効性がないのが欠点です。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬として有名なデパス(短時間型のクスリ)は飲むと効果が早めに現れるので、患者からの人気は高いです。ちなみにワタシは、中間型のレキソタンをいつも飲んでいます。筋肉をほぐす効果もあるので、これを飲むと肩こりがラクになります。

できればクスリには頼らずにアロマオイルなどで気分をリラックスさせたいのですが、症状が悪化している状態では抗不安薬をとんぷくとして飲まないと生活に支障が出てしまう患者は少なくありません。

AV出演が原因でメンヘラになった元AV女優・ほしのあすか

彼女は中川翔子さんや、北乃きいチャンなど数多くのアイドルを世の中に輩出した有名な「ミスマガジン」出身の美少女。そんな彼女はAV作品への出演がきっかけで、パニック障害を含む様々な精神疾患を発症しました。

彼女のデビュー作品はDVDを購入して見ましたが、涙を流しながら本気で嫌がっているセックスは全くオカズにはなりませんでした。可哀想という感想しか出てこなかった当時の記憶は、今でもハッキリ覚えています。

そんな彼女は芸名を"星野明日香"へと改名し、2020年からはユーチューバーとしての活動をスタート!過去の歴史は消えることはありませんが、辛い経験を乗り越えながらも前向きに生きようと頑張る彼女を心からワタシは応援しています。

パニック障害の発作に悩むメンヘラ風俗嬢との体験談!

十三にあるホテルヘルス店で指名した現役女子大学生の留美ちゃん(仮名)は、長濱ねる似の清楚系ガールでした。1度お遊びしたらGmailを交換してくれたので、その後もメッセージのやりとりでドンドン仲良くなっていったんです。

3回目にラブホテルで性交したとき、ワタシは自分が噛んでいたガムを彼女に食べさせようとしました。すると急に顔色が変わり、ワタシとの距離をあけ始めた女子大学生。

そんなの食べれないよ、、汚いから絶対にムリ!
このセリフにめっちゃ傷ついたワタシ。60分コースでホテル代や本指名料も込みで23,000円を支払っていたので、そのくらい風俗嬢ならヤラせろや!と心の中では強く思いました。しかし、それから急に雰囲気がおかしくなった彼女。
呼吸が荒くなり、ホテルの椅子に座ったまま痙攣を繰り返したのです。なんだか怖くなって風俗店のスタッフさんに電話をかけたワタシ。すると返って来た言葉は・・・

あっ、またパニック障害の発作がでちゃいましたか?よくあるんです。気にしないでくださいね。多分このままプレイは難しいので申しわけないです。
それから20分くらい発作が続き、ようやく落ち着いた彼女。だけどワタシのオチ〇ポは1度も勃起せず、性欲をスッキリさせることなくラブホテルを出ました。もちろんフーゾク店からの返金対応はナシ。
パニック障害の発作が出てしまう不安定な状態にも関わらず、仕事の為に働いていた女子大学生。そういう女の子はけっこう多くいるのかも知れません。生きるって、なかなか大変ですね。

FANZAサンプル動画

 

老舗の安心マッチングサイトはワクワク!

ワクワクメール

 

これまでにワタシは複数のマッチングアプリに登録し、10人以上の女性とデートをしました。

だけどマッチングアプリは真面目な付き合い前提の人ばかりで、セックスさせてくれる理想的な相手には出会えなかったんです。

そんなときに、広告が可愛くて興味を持った「ワクワクメール」に無料登録しました。

セフレ探しなら間違いなく、この出会い系アプリがオススメです。

会員登録は無料なので無駄な課金は必要ありません!

とりあえずアプリの雰囲気だけでも試してみる価値ありなので、無料の会員登録だけでもしてみませんか?

 

ワクワクメール

 

■こちらから無料で登録が可能です!

 

ワクワクメールを使い始めてから、ワタシは30代のかわいい人妻さんと40代の美熟女2人をセフレにすることが出来ました。